【育児】乳児湿疹のケアと受診のタイミング

生後1ヶ月を過ぎた頃から、息子氏のお顔に小さなニキビのようなプチプチが出現。
最初は2、3個だったのでそのままスルーしていたら、あっという間に顔中に湿疹が!!
しかし最寄りの皮膚科はひと駅先で、生後1ヶ月そこそこの息子氏を連れて行く勇気が出ず…。
(のちにすぐ受診しなくても大丈夫だったと知ったものの、初めての乳児湿疹との遭遇で毎日ドキドキでした。)

それから約3週間。
その間ネットでかき集めたいろんな口コミを試した結果、乳児湿疹がほとんど良くなりました~!
月齢的なものと季節的に乾燥しているせいか、まだまだ完治ではないのですが時々出ても顔がちょっと赤いかな?程度に。
我が家で試した対乳児湿疹のスキンケアを紹介します。




乳児湿疹のケア方法

泡ソープ→固形石鹸に変更

1か月健診が終わってお風呂デビューの際、沐浴剤を卒業してポンプ式の泡ソープにしました。
片手で息子氏を洗う時は非常に便利だったのですが泡ソープだと過剰に皮脂を落としてしまい、それが原因で乾燥して湿疹が酷くなるんだとか。

というわけで、近所のマツキヨで牛乳石鹸を購入。

赤(しっとり)と青(さっぱり)の2種がありますが、今回は冬なのでしっとりの赤にしました。
ちなみに毎年冬はどの洗顔料を使っても顔がパサパサになる私、試しに牛乳石鹸での洗顔に変更したら乾燥が落ち着きました。リピ決定。

牛乳 赤箱 3コ入

ベビーローション→桃の葉ローション+白色ワセリンに変更

あせも・かぶれに効く桃の葉ローションを塗って、ワセリンで蓋をして保湿する感じに。

最初は手でバシャバシャ塗っていたのですが、化粧水と同じようにコットンを使うと楽だと最近気付きました。
湿疹だけでなくおむつかぶれにも効くそうで、ちょっとかぶれた時はおしり拭きに少し垂らして使っています。

ピジョン 薬用ローション (ももの葉) 200ml (医薬部外品) (0ヵ月~)

こちらの白色ワセリンも薬局で購入。
今回は試しで小さい容器のものを購入したけど、今後離乳食が始まったら口の周りの保護にも使うし大きい方を買っても良かったかも。

【第3類医薬品】大洋 白色ワセリン 50g

スキンケアのタイミング

お風呂上りと午前中(もしくはお出かけ直前)の2回ケアしました。
お風呂上りは身体はベビーローション、顔と首回りは桃の葉ローション+ワセリンで保湿。
午前中は濡らしたガーゼを600Wのレンジで20秒チンした蒸しガーゼを使って、まずは顔をふきふき。
よく吐き戻すので、口周りの汚れと特に首のシワに残ったミルクかすを綺麗にふき取ってから保湿していました。

約2週間ケアした結果

大分落ち着きました~!!
本当はもっと湿疹が酷い時があったのですが、その時は写真を撮る気になれませんでした…。

受診のタイミング

湿疹を潰したら液体が出そうな状態になったら皮膚科を受診するタイミングだそうです。
落ち付いた頃、2か月訪問で保健師さんが来たので念のため聞いてみました。
ちょっと赤くなったからって急いで病院に行かなくてもそこまで様子見でいいんだ…という印象。
小児科でも診てもらえるそうなのですが、冬場は風邪をひいた子供も受診しに来るので皮膚科がオススメだとのお話。


本人は気にしてない様子でも、乳児湿疹だらけの真っ赤なお顔を見てると辛いですよね。
もちろん心配な時はすぐに病院に行くのが一番ですが、今回使ったものは全て薬局ですぐに買えるものばかりなので、なかなか受診できない時は良かったら試してみてください。

ひっそりランキング参加中。クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ
にほんブログ村